無料
エロ
動画

検索フォーム

ゲイロール

プロフィール

finalgay

ニックネーム:finalgay
自己紹介:DTIブログにようこそ!

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これ凄く気持ち良いよ

2011/11/30(Wed) 19:48

まだ若い頃、一般家庭に電気マッサージ器が普通にある時代が有り、中学生の時に普通に遊び感覚で使ってました。

ある日友達が来てて偶然その話になり、お互いで使ってふざけてた時に、僕に渡す時、取り損ねてスイッチが入ったまま股間近くに落ちたのが事の始まりで・・・

友達に、「これ凄く気持ち良いよ」って話すと、お互い変な気持ちになりました。

じゃんけんで負けたら一分当てられるゲームが始まり、僕は勝ち、友達のジーパンの上から当てて友達の様子をうかがいました。

でもジーパンの上からでは興奮も浅く勃起も分かりにくいまま、再度じゃんけんで僕は負け、チノパンだった僕は即勃起しました。
どうせなら感じたくなった僕はパンツ一枚になりました。

チンポはトランクスからはみ出し、友達は面白そうにガンガン攻めてきました。

そしてパンツのまま射精してしまい、トランクスには精子シミが浮いて来て、中はヌルヌルで、友達は笑いながら、スゲーって言われ、恥ずかしい思いをしました。
けど、友達に「お前も出せ」と言って僕はパンツを脱いで中を見せ、友達にも脱がせて直接攻撃しました。

しばらくすると、友達の精子が床に飛び散りました。
若い童貞の精子は勢いが良く、僕の口元やら服にかかりました。

少し舐めたら青臭い匂いでした。

マッサージ器を起き、勢い良く噴水みたいに出た精子まみれのチンポをしごいてました。

その後、お互い精子まみれのチンポを擦り合いお互いでしごいて二回目の射精をしました。

クッションがカピカピになり、しばら掃除をする母に目を合わせられませんでした。

ちんぽにしゃぶりつきました

2011/11/29(Tue) 17:30

中2の夏の昼休みの出来事を話します。

昼休みはたいてい暇でプールの時間の前が昼休みのときは昼食を食べ終わるとすぐ更衣室に行ってボーっとしていました。
その日も昼食を食べ終えて更衣室に行きました。
更衣室に入ると誰もいないはずなのに、そこにN先輩がいました。

N先輩は僕と同じ吹奏楽部で、けっこう鍛えている先輩でした。
でも水泳の授業じゃないはずなのに先輩は更衣室の椅子に座っていました。

僕)「先輩?どうしたんですか?こんなところで」
S)「おっ、H(僕のニックネーム)か、いや今日は誰とも遊ばないで一人で過ごそうかなと思ってさ」
そう言って先輩は僕を手招きして先輩の横に座らせました。

先輩はかなりかっこよくて、それに加えてスポーツ体系の理想の先輩でした。
ときどき二人だけで遊んだこともありましたが、先輩が好きだと言うことは告白できずにいました。

それから5分ほどS先輩と話をしました。
S「Hって、好きな人いるの?」
僕「え?いませんよー。僕モテないんですから」
突然の問いかけに戸惑いながらも僕は平然を装って答えました。

僕「先輩はいないんですか?先輩かっこいいですからいるんでしょう?」
S「ううん、いないよ」
これも意外だった。先輩はかっこいいから彼女がいるのかと思ってました。
すると先輩は突然僕を先輩の胸の中に抱き寄せました。

僕「せ、先輩!?」
S「H、俺と付き合ってくれないか?前から好きだったんだ」
先輩はそう言うと僕にキスし始めました。
僕は最初は驚きましたが、徐々に先輩の舌に自分の舌を絡めました。

あこがれていた先輩とのキスは長い時間してたような気がします。
先輩はキスをしながら、僕の半勃ちのチンポを触り始めました。
僕も対抗して先輩のチンポを触りました。

先輩のチンポは既に勃起していて、僕は触っている間にすぐ勃起しました。
S「H、生で触るで?」
僕「はい、触ってください。僕も触りますから・・・」
そう言う僕の息はだんだん荒くなっていました。
先輩も僕のズボンの中にあるチンポをいやらしく触りながら息を荒げていました。

しばらくキスと触り合いをして、耐えられなくなった僕は先輩のズボンとパンツを一気に下ろしてすぐにちんぽにしゃぶりつきました。
S「ああ、H、いい・・・気持ちいい・・・」

先輩はすごく気持ちよさげに喘いでいました。
僕は先輩の17cmはあるかというチンポをしゃぶりながら、自分のはちきれんばかりに勃起しているチンポをしこりました。

S「H、俺にもしゃぶらせてくれよ・・・」
先輩はそう言うと僕を壁に押し付けて僕のチンポをしゃぶり始めました。
僕「あうっ・・・・先輩・・・気持ちいいです・・・・ああっ」
しばらく喘いでいた僕は遂に先輩の口の中に大量の精液を出しました。
先輩は僕の精液をおいしそうに飲んだ後、僕の顔にチンポを向けてイキました。

S「ああっ、もうだめだ・・・ああ、イクッ」
先輩も僕より大量に出してきました。
そして僕の顔についた精液を先輩がふき取った後、予鈴がなるまで二人で抱き合っていました。

今では先輩とは会えませんが、この思い出は忘れられません。

女だと思ったら

2011/11/28(Mon) 16:30

街でいかにも欲しそうなスレンダーな人妻をナンパした。

速攻ラブホに誘う。

部屋に入るなりディープキスをしながらパンティに手を……
ん???

女の股間に??

既に俺の息子はギンギン状態。
もう止められない。

まあいいかと全裸にしたら、結構デカマラが既にピクピクと我慢汁を垂らしてる。

見るなり俺のS心が…

ベッドで大の字に寝てその女にしては大きいペニクリを扱きなさい。

恥ずかしそうにベッドに仰向けになり、ペニクリに手を…

ダメだろ、大股開きでヤレ、と命令すると膝を立て大股開きでペニクリを扱きだした。

しばらく見ていると、我慢できませんこれからどうすればいいのと言う。
してもらいたい事を自分でしてみな。

右手でペニクリを扱きながら左手で乳首を抓んで悶えだした。

俺はたまらずマッパになりベッドに。

今度は指で乳首責めとアナルマンコ責めに変わってペニクリはギンギン、 思わず俺はペニクリをしゃぶり、喉の奥まで飲み込んで舌で亀頭を締め付けたり、歯で竿をアマ噛みしてやった。

もうダメ、早く来てと言う。

ダメだこのまま我慢しろとジラすとしばらく悶えていたが、急に体を硬直させ、俺の口の中でペニクリがぐ〜っと膨らむと、ドバ、ドバっと大量にペニ汁を出した。

俺は初めてチンポを舐めて初めて射精されたが、変に興奮して全部飲み込んでしまった。

頭の中が真っ白になった俺はカエをよつんばいにさせ、既に唾でグチョグチョになったアナルマンコにはち切れそうなチンポをブチ込んだ。

これが欲しかったの〜〜と大声で叫びながら俺のピストンに合わせ腰をうねらせる。

たまらずイキそうになったから、ひっくり返して正常位でブチ込んだら、さっきイッたばかりなのにペニクリがギンギンになってた。

俺はピストンしながらペニクリを扱きながら、乳首もキツク抓んでやった。

俺はさすがにもう我慢できなくて、チンポを根本までブチ込んで、ドクドクとアナルマンコに射精すると、一緒にビュっと精液を飛ばしてイッた。

女とヤルのもいいが、チンポがあるだけ別の興奮があり、ハマりそうで怖いな。

先輩はやり方を自分の体で教えてくれた

2011/11/25(Fri) 17:18

今は高校生ですが、中1の頃の話です。
優しくしてくれたのは17くらいのM先輩でした。
今思うと、17にしては大人っぽいひとでした。

ある練習後、ロッカールームで着替えているうちに他のみんなは帰って、先輩と僕だけになりました。
M「今日はきつかったぁ、そっちは?」

僕「そっちのクラスみたいに泳ぎっぱなしじゃないから…」
M「でも疲れてるっしょ?俺気持ちいいマッサージ知ってんだけど教えてあげるよ。」
僕はお願いしますと頼んだ。
すると、先輩はやり方を自分の体で教えてくれた。

M「風呂とか入っててちんこ洗うとき気持ちいいとか感じたことある?」
僕「たぶん、、、ないです」
その時、先輩の前が少し膨らんでいました。

先輩はゆっくりとぬれたビキニの上からちんこを揉むと一気に脱ぎました!
今まで見たこと無いような大きく上を向いたちんこが現れ、僕は凝視してしまいました。
M「こうやって握って上下にすんだよ」
たぶん先輩のは16センチくらいだったと思います。

M「ああぁぁ、、気持ちいい」
ピタピタ音を立て、筋肉質な太ももに腕や手を打ち付け、膝を曲げ仁王立ちで見せ付けているようでした。
僕「ホントに大丈夫なんですか?」
M「早く、やってみなよ」
荒い息づかいの先輩が少し怖くて、僕もまねをしてみました。

M「気持ち良くない?お前も結構大きいじゃん。あぁ、、、イキそう、、、もう俺出すからぁ、、、ハァハァ」
僕は何を出すのか全然わかりませんでした。
ただ感じたことの無い感覚に酔っていました。

(ピタピタピタ・・・クチュクチュ。。。)

M「あっ、イク、、、イク、イクッ、、、、、、、んあぁ!!!」
白い液体がロッカーの扉にベッタリ飛び散りました。

M「ハァ、、、最後はこうなると思うから気をつけてね。。。」
先輩はタオルでロッカーの精液を拭くと、ちんこをきれいに拭いて着替えをしながら、まだやっている僕を眺めすぐにじゃあねと言って帰ってしまいました。

僕はそのままの状態でシコって、何とか終わらせようと思い必死でした。
今思えば恥ずかしいのですが、そのあとロッカーから出てくるのが遅い僕を見回りに来た25、6ぐらいのカッコいいコーチが僕のシコる姿を見て慌てて見なかったかのように出て行ってしまいました。

僕はぎこちない手でタオルに向かい射精し、急いで家に帰りました。
いまでも衝撃的で記憶に残っています。

アナルに大量の唾を付け

2011/11/24(Thu) 18:14

親友のヒロとの関係を書きます。
ヒロは女好きで、いつも女には不自由したことがなく、かなり遊んでいます。
僕も当時は普通に女性と付き合っていました。

初めて2人で旅行に行き、旅館で一緒に風呂に入ったときに思わずヒロのチンポに目がいってしまいました。

女と遊びまくってる奴のチンポってどんなだろうって思い、興味があったんです。
カリがデカくて太いし、黒光りしていて長さもかなりあって、自分のとは比べ物にならないほど立派でうっとりしてしまうほどでした。


頭を洗っているのを確認して、横目でたっぷり観察してその場は我慢しました。

夜、部屋で酒を飲み、二人ともかなり酔いが回ってきたところで話題も下ネタばかりになり

「さっき風呂で見たんだけど、ヒロのチンポって凄いデカいよなぁ」と言ったら

「そうかぁ」と言いました。

僕は「ホント立派で男から見てもうっとりしちゃうよ」と言ったら

「お前、その気があるのか?」と言われたので

「なんだかわかんないんだけど、ヒロのチンポがあまりにも立派だからしゃぶってみたくて」と言いました。

ヒロは驚いていましたが、僕はすかさず土下座して
「お願いします。何でもするから、ヒロのチンポしゃぶらせてください。」
と言うと、

「何でもするだって?本当だろうな?」と言われまずはアナル舐めをたっぷりとさせられました。

ヒロがチンポを手で押さえているため、触れることもできず、ひたすらアナルを舐めさせられました。

次にトイレに連れていかれ、全裸にされ、オシッコを口で受けさせられました。
ほとんど無理やり飲まされました。

ここでまた土下座をさせられ
「ご主人様のおチンポをしゃぶらせてもらえるなら何でもします。ご主人様のチンポ奴隷にさせてください」
と言わされました。

まずヒロのチンポで顔を叩かれ、これが僕のMっ気を目覚めさせました。

ヒロのチンポを見ていたらうっとりしてしまい・・・

言葉だけでなく本当にそう思えてしまっている自分に怖さを感じましたが、ヒロのチンポの魅力には勝てず、このときから言いなりになってしまいました。

ひたすら土下座してようやくチンポをしゃぶらせてもらえ、あまりの興奮でしゃぶりながら射精してしまいました。

ヒロのチンポは硬くて持続力もあり、フェラでなかなかいかせることができませんでしたが、それでもしゃぶり続け、口の中に大量のザーメンを放出してもらいました。

もちろん一滴残らず飲み干しました。味は苦いですが、意外と美味しくてくせになってしまいました。

ヒロは今度は僕のアナルに大量の唾を付け、自分でチンポにゴムを被せて挿入してきました。

最初は先っぽしか入りませんでしたが、時間をかけてゆっくり押し込まれ、根元まですっぽり入りました。

僕は圧迫感が強く、最初は気持ち悪かったのですが、ピストンされているうちに気持ちよい感覚も加わり、感じ始めました。

最初はバックで突かれていたのですが、正常位で抱かれると女になった気持ちになるものですね。

この日以来、ヒロのいいなりになってしまい、嫌だと思う気持ちもあるのですが、ヒロのチンポを見せられると虜になってしまうんです。

オレの精子付いた手で自分のシコって

2011/11/23(Wed) 17:51

俺はお兄系な22!
つい最近事故って入院してました。
ってか、今もみたいな‥笑
ゲイに興味はあったし、かなりの女好きだよから別になんもなかったんだ。
だけど、事故ってみたら両手にヒビが入って1ヶ月固定だって
看護婦さんに身体は洗ってもらえるけど‥さすがにちんこは洗ってくれないし、3週間もするとかなり溜まりまくりで‥

そんなとき、バイト先の一つ下のエロい後輩か見舞いに来てくれたんだ!
したら、見舞いに持ってきたのがエロ本!
まじでめくられて目をやるだけで、ビンビン!
履いてるボクサーがあきらかにテント張りまくってるし。

ついに我慢の限界で、後輩に「俺のシコってだしてや」って言うと、当然やだよ!って。
だから、前にナンパした女とやらせただろ!って脅しかけて見たんだ。
シコってだしてくれるか、女をつれてくるか言うと、「先輩のシコって出せばいいんすね?」って渋々了解してくれた。

個室だったから、部屋のドアを閉めてもらい布団を剥いでもらうと、スウェットからわかるぐらいにビンビンに上向いていた!
「すげーでかっ」ってゆーと、後輩は自らボクサーから触ってくれた。
かなり我慢汁が染みてるのをみて、「先輩まじでエロ過ぎ!」って言うからオレも「ピンサロみてー!生で触ってシコってや!」って言うとボクサーを脱がされた。
すると我慢汁でダラダラになってはち切れそうな俺のがでてきた!
ついに後輩がオレのちんこを生でしごき始めた‥しごかれて5分しないでイキそーになり、「やべー、イク!」って後輩に言うとどこにだすんすか?って聞いてきた。
ふと目を後輩のジーパンに向けるとボタンがされてなくて、パンツがみえて、ちんこが勃起してた。

「つーか、おまえも勃起してるじゃん」って言うとなんかオレも溜まってるんで‥だって。
だから「おまえも出していーよ!」って言うとまじっすか?って。
俺が先にイッタらな!ってことになり‥‥

すると後輩はエロ本のページのアップで中だしされたまんこが移ってるページをみせて、「ここにぶっぱなしてくださいよ!」って、俺のちんこの先にエロ本のページをぶつけながら、しごかれてイキそーになりました。

「まじイクよ?イクっ!」ぶっぱなすと大量の精子がエロ本にかかりました。
後輩の手にもかなり精子がかかり‥「先輩のあったかいっすね」って。

だからおれは「そのまま、そのオレの精子付いた手で自分のシコって、同じページにだそーや」ってゆーと、まじっすか?って今度はエロ本を床に置き精子のついてる手で自分のをしごいて、なぜかオレの近くでみせつけるよーに、しごいてみせた。

「こうっすか?先輩の精子カリに塗ってしごくと、気持ちいーっす。ヌルヌルしていきそーっす!あっ、やばっ!」そー声をあげると大量にやつもぶっぱなした。
部屋中が臭くなったから、窓をあけてもらい空気の入れ替えしながら、「中学生のやんちゃなエロ坊主っすね、オレら!」って後輩がいうから、また退院したらやろーな!って言いました!

「次は先輩の家でエロビみてオナ大会ですかね?笑」とか、やつもジャニ系の顔しながらいい、また来ます!と言って帰った。

もうすぐ退院で、手も今は片手が使えるけど、今はだれかにシコってイカされたくなってるオレはかなりのエロなのかな?
そして後輩のちんこみたとき、やけに興奮しちって、今度見せ会いできる奴を都内で探そうとしてる最近の実話でした!

ドアが閉まり発車した途端に下半身に異変が

2011/11/22(Tue) 14:00

僕はゲイでも何でもないのに電車の中で痴漢されるのが凄く好きです。
何年か前に3人のオジサンに痴漢に遭いました。
それが凄く忘れられないくらい気持ちよかったのを覚えています。
新宿始発の夕方の先頭車両。

発車待ちをしている時は気づかなかったのですが、どうやらいつの間にか囲まれてたようです。
ドアが閉まり発車した途端に下半身に異変が。
後ろからはお尻を撫でられ、左右からは太ももを手のひらで撫でられている感触が・・・

気持ちよくなってきて、されるがままにしていると右の人がアソコをチノパンの上から触ってきました。
左の人もアソコに手を伸ばすと右の人の手と接触したのか、股間に移動。

後ろの人はお尻の割れ目をなぞったり股間の筋をコリコリしてきたり、もう、僕のアソコは大きくなっていて、ビキニパンツは濡れてしまっていました。
右の人がチャックを下ろし、ズボンのボタンを外してきました。

そして、窓を広く開けられてビキニパンツに直接触れてきてパンツのラインを確かめながらそのままパンツを下ろしてきました。
左の人、後ろの人はそれに気づいたのか、左の人は僕の大きくなったアソコをしごきはじめてきました。
耳元で「イくとき教えて!」と言ってきました。

後ろの人はお尻の割れ目をなぞりながら僕の足と足の間に自分の足を入れてきて開かされてしまい、それに合わせて右の人もアソコの周りや根元や先っぽを触ってきました。

池袋に着いて降りたかったのですが、3人に押さえつけられて降りられず、ドアが閉まってしまいました。
ベルトをしていたのでズボンすら下ろされずに済みましたがアソコのチャックの窓は広く開けられたまま2本の左右の手は中に入ってきていて好きなように触られてしまっています。

だんだんとシコシコが激しくなってきたのでイきそうになって
「イ・・・イっちゃう・・」
と小声で言うと、いきなり止められてしまい、イかせてくれません。
「赤羽までガマンだよ」
と言われてしまいました。

ズボンをはいたままビキニパンツを太ももまで下ろされた状態でアソコをまさぐられて後ろからはお尻や股間を、また、その人は後ろからもう片方の手を乳首まで伸ばしてきたりして僕の頭の中はパニックになるほどでした。

やがて赤羽に近づいた時、左の人は根元を握り、右の人は先っぽの方を握り、同時に息を合わせるようにシコシコを激しくしてきました。僕は
「ダメ・・・ダメ・・イく・・・イく・・」
と小さな声で言うと・・・体ごと揺れるくらい激しくされて電車の運転席の真後ろあたりの壁に向かって精子を出させられました。

右の人は僕のアソコについた精子を指で拭い取り、匂いをかいでいます。
左の人はハンカチで壁に着いた精液をふき取っていました。
もしかするとこの3人は仲間かもしれません。

でも、こんな気持ちよかった体験はそれ以来できていません。
その後は池袋まで電車の中で座って戻りました。
すごくグッタリ疲れたのを覚えています。
また電車の中でイかされたいです。

アナルも先っぽだけ入れられました

2011/11/18(Fri) 15:20

僕は中1の終わりに、オナニーを覚えました。
その時は想像でしたが、たしか、クラスでやんちゃな同級生に体操服でフェラされ、まわされ犯されるシーンを想像したのが始まりでした。

だから 興味は男同士のエッチばっかりでした。

そして 初体験は19歳の時でした。
ちょっと遅い、と思われるかもしれません…

ラブホに行き、おじさんに身体じゅう舐め回され、チンポもくわえられぱなし、アナルも先っぽだけ入れられましたが、オナニーの想像みたいなぁ、シーンどころか、全然違ってました。

だから 相手のチンポを触ってあげたいとか、舐めてあげたいという気持ちもなかったです。

今まで正直に、タイプと一度もなく、おじさんばっかりですが、やっぱりどんな相手でも、フェラぐらいはやってあげないと、マナーとして良くないですか?
やっぱりそう思う相手以外はエッチはしない方が、いいのかなぁ〜?

先日 初めてビデボに行って、おじさんが裸にしてフェラさせて欲しいと言われ、ビデボの個室で、覗かれながらもやってもらいました。

その時、隣のボックスの人達のチンポか、ビデボの穴から出て来ました。
おじさんは、僕を口でイカスして、僕の精子を飲んだあと、穴から出ているチンポをまた舐めたりしてました。

…がんばってフェラを覚えて、相手をイカせるようになりたいです!

相手の手が乳首からぺニスに伸び

2011/11/17(Thu) 19:28

女装娘さんと楽しもうと映画館に行ってきました。
土曜の夜なので賑わっていると思ったけど中を覗くと一人だけ…しかたなくその一人の方に近づいてお触りを始めようとすると、私についてくるおっちゃんがいました。

気にせずに女装娘さんを触ろうとしたのですが、おっちゃんは私のズボンを下ろして突然のフェラ!
無視していたのですが、そこから乳首をいじられて感じてしまい、おっちゃんにされるがまま…

そして根負けし、女装娘を諦めておっちゃんと休憩室に向かいます。
休憩室では完全にズボンを脱がされ、相手は私のアナルをいじり始めます。
いつもアナニーしていたし、今日も念のために浣腸してローションを付けていたため指は難なく入り、そしてそのまま挿入。

本物をいれられるのは初めてでしたがすごく気持ち良く、同時に乳首も攻められ、「んっ…くっ…んん…」と喘いでしまいました。
ギャラリーが増えてきたころ、相手の手が乳首からぺニスに伸び、おもいっきりしごかれた私は喘ぎながらイってしまいました。

しかし相手はイク気配もなく、フェラでイかせようと試みます。
フェラテクには少し自信があったのですが、20分くらい頑張ってもイかせることが出来ず、むしろ私が乳首をいじられてそのままイきそうになるという始末。

最後には私が疲れてしまい、イかすことが出来ないまま根をあげてしまいました。
申し訳なかったので丁寧に謝ると「お尻もフェラもすごくよかったよ、また会おう」と言いながら抱きしめてくれて、すごくうれしかったです。

こうして終わってみると疲労感がハンパなく、ウケは気持ちいいけど大変だということが身に染みました。
でも相手が非常に優しく、フェラのときも挿入のときもゴムをしっかり付けてくれたし、こういう相手ならまたやられてもいいかな〜と思ってしまいました。

前と後ろから攻められて限界だった

2011/11/16(Wed) 14:54

仕事帰りにたまに満員のバスに乗る事があるんだけど、そんな時の事

疲れたなあ〜とか思いながら揺られていると異変に気付いた

(ケツ触られてる・・・?でも満員だしな、気のせい、気のせい)

とか思っていた。しかしその手はどけられるどころか指先が動き始めたのだった

「ん・・・」

思わず声が出てしまった事が恥ずかしくなって俯くと、抵抗がないことに調子に乗ったのか指先の動きは激しくなっていった
撫で回したりアナルを突いたりと慣れた動きに驚きながらも声を殺すのに精一杯で抵抗出来ずにいた

この後さらに驚くべき事が起こるなど分かるはずもなく、バスは渋滞の中でなかなか進めずにいた

「・・・っ」

的確に反応する場所を攻めてくる指先に俺の下半身も反応を始め、次第に体の力が抜けていくのが分かった。

(もう・・・ダメ・・・力が入ら・・・ない)

堪えられなくなって前にいる男性にもたれかかったその時だった

「そんなに気持ちいいかい?」
「!!?」

耳元で囁かれた言葉に俺は驚いて前にいる人物を見た。
そこにいたのは全てを見透かしたかのような笑顔の爽やかそうなイケメン高校生だった。(仮名でMにします)

(こいつが・・・?)

しかしよくよく見ると右手には鞄を持ち、左手は吊り革を握りしめている

(・・・こいつじゃない・・・でもどうして俺の状況を・・・?)

戸惑っている俺をよそにMはニカッと笑うと俺の下半身に手を伸ばして囁いた

「もうこんなにして・・・辛いんじゃない?次で降りよっか」

前と後ろから攻められて正直、限界だった俺には小さく頷くことしか出来ず、状況を飲み込めないまま次の停留所で俺達は降りた。

俺は先に降りて待っているとMは背の高い男と一緒に降りてきた

「こいつがさっき後ろから触ってた奴ね」

そう言ってMが紹介すると隣の男はニカッと笑った。
野球でもやっているのか、髪は短く細いナリだけど鍛えられてるんだろうなぁってのが服を着ていても分かる程だった。(仮名でSにします)

軽く自己紹介して俺は2人に連れられるままに近くのトイレに向かった。
バリアフリーを目的として作られてるだけあって個室も無意味な程に広かった。
中に入るなりMがキスしてきた。

「ん・・・っ」

不意を突かれて思わず声が漏れた

「うわぁ、かわいい〜」

Sはそう言ってキスの様子を眺めながら俺の股間をいじってくる
俺は基本ノンケだけど、背が低いってのと童顔のせいで男との経験も数回あった。
でもMとSのテクは今までの人生の中で味わったことのない快感だった。

「あっ・・・ダメ・・・イクッ!!!」

Mにキスを、Sにフェラされて俺はあっという間にイッてしまった。

「あ〜いいなぁ。俺にも頂戴♪」

Mはそう言ってSと唇を重ね、俺の精液を味わいあっていた

その後はまるで何事も無かったかのように解散となりました

またあの2人と会えたらいいなぁ・・・
人気記事ランキング
第1位
最も人気のある記事
久しぶりに神戸のハッテン場映画館に行きました。 ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
俺は酒のおかげで?男に抱かれる悦びを知った。 ...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
雪で路面が真っ白な夜中に1週間ぶりにまたご主人様と...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
冬至で銭湯でゆず湯やってるっていぅから、いつも行っ...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
俺の趣味は漫画喫茶の覗きです。 俺のお気に入りの...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
僕は中1の終わりに、オナニーを覚えました。 その...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
昨日、仕事の都合で大阪に行く事になり、早めに仕事を...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
作品名 Spurt-Locker ロンドンのスポー...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
中三の時、中一のいとこS君との出来事です。 ...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
俺はお兄系な22! つい最近事故って入院してまし...(→続き)
ゲイサイト
アダルト動画 DUGA -デュガ-

男銃

男銃

エッチな0230

男道ミサイルゲイボーイ

ゲイビデオ・ゲイ動画のゲイビデオズ







Newhalfclub.com


無料アダルトサイト A-PageRank
フィードメーター - 直感的ゲイ体験談まとめ
  • SEOブログパーツ

Information

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close